So-net無料ブログ作成
モジュール(中カオス) ブログトップ
前の10件 | -

半年ぶりに [モジュール(中カオス)]

中カオスモジュール(1400×500)を出してみました。
DSC_1496.jpg
押入上段に半年も放置しといたら、まあ走らないこと!・・・当たり前ですが。

クリーナーかけまくってなんとか走るようにはしたんですが、
高架のペーパー橋の部分は何度磨いてもスムーズにならないorz
そう言えば大カオスレイアウトに鉄橋を置いたときも同じ症状で頭に来て鉄橋をとっぱらったことを
思い出したので一計を案じる。
で、こうなりました。
DSC_1510.jpg
R216を使いたい(C177を使いたくない)一心で、高架線は留置線部分がFトラ→カーブでユニトラ
→鉄橋近辺Fトラ→カーブでユニトラにしてたんですが、鉄橋部分のレールをフレキに置き換え、その前後をユニトラにしました。つまり留置線部分以外は全てユニトラに置き換えたことになります。
あと、地上内側線もちょっといじる。パノラマカーがいる線はC177。
こないだ作ったカオ電がいるところはC140が最小半径。
DSC_1509.jpg
レイアウト右の方はカーブレールがすごいことに
なってますが大半はトンネルで隠れる予定なのでよしとする。

さて、高架線の走行はスムーズそのもの!・・・日数が経ってどうなるかはまだ未知数ではありますが。
走行動画。夏に買ったメトロ有楽町線。クリア室内灯を付けてから初の自宅走行です。

DSC_1505.jpg

ついでにここ最近出してなかった奴の機能維持。マイクロのメトロ6000の3連。
ジャンクからバラで拾ってシンパつけて3連組成。カオ電にするつもりが未施行。そのままでもいっかな・・・
DSC_1504.jpg

トミックスの73型オレンジ4連。
全金クモハ以外は片町線セット。全金クモハは単品の茶色の塗り替えです。
C177だとクハが脱線するんですが、R216なら大丈夫。
DSC_1500.jpg
DSC_1502.jpg
DSC_1501.jpg

ミニカオス作り終わったらこっちも本格的にやらないとね。





新作その15  レール並べの旅路「現況」 [モジュール(中カオス)]

旧型国電づくりが楽しくてしばらくいじってませんが・・・とりあえず現況をアップ。

全体図
P1251334.jpg

前回から大きく変えたのは2点。
☆ベースの50mm延長
☆高架線最小半径をトミックスC177からKATOのR216へ
☆内側線の複雑化

大カオスに替わる自宅運転用メインレイアウトになると考えたとき、せめてR216に収めたいなという欲求が強くなりました。で、引き込み線のクリアランスを十分取ろうとするとベースの幅がどうしても足りないので、高架引き込み線側にスチロール板を50mmぶん継ぎ足しました。
曲線部分はこんな感じ。カーブポイントとユニトラの接続が若干不安でしたが、試運転では大丈夫でした。
紙トラス橋のあたりはトミックスレールなので、都合4カ所KATOと富の接続箇所があります。
P1231318.jpg
P1231319.jpg
高架留置線。一番外は20m6両ギリギリ。内側2本は4両ギリギリです。
21m級だとアウトっぽい。
P1251335.jpg

内側線も大幅にいじりました。

紙トラス橋の下に片渡り線を設けて・・・
P1241325.jpg
こうつながります。・・・わかりませんね。
P1251331.jpg

80系電車にたどってもらいます。
地表内側線から地表外側線(モジュール本線)に転線して・・・
P1251341.jpg
ちょうど隠れてますが、片渡りのすぐ後のポイントで外側線から分岐。
P1251342.jpg
さらにその後のカーブポイントを内側に分岐。ちなみにこれを外側にいくとモジュールをタテにつなげる場合の連絡線(モジュール外へ)に出ます。
P1251344.jpg
カーブを曲がりきると高架下外側留置線へ。5両~6両くらいは置けます。
もちろんこのルートはモジュール運転会開催時には使えません。あくまで自宅用ですね。
ついでに、前回までは地表内側線の最小半径はC140でしたが、C177に組み替えてあります。

内側線駅部分。1本増設してみました。80系がいた大外も含めたら4列車同時に入れ替えなしで楽しめます。
手が届かないであろう地表内側線の2組の引き込み線については電動ポイントを導入。
P1251336.jpg

てな感じです。運転楽しそうでしょ♪

さて、こうなってくるといったいどんな情景を作ればいいのかよくわからなくなってきたので熟考中。
まずレールありきでいつもレイアウト作ってますから・・・
あ、メインの建物は病院ってのは決まってます。

以下また気が向いたら。こりゃ時間かかりそうだ・・・

新作その14 レール並べの旅路 その1 [モジュール(中カオス)]

しばらく新作のレール並べをやり直してました。たぶん、延べで20時間以上は費やしたと思われます。

こうしたい→イメージ→レール探し→現物合わせ→やっぱしだめ→うまくいったぞ→試運転→でも・・・
の繰り返し。
没頭してると時間はあっという間に過ぎていくもんだというのを実感。

で、やっとの思いで運転して楽しいレール配置ができあがったんですが、そこに到るまでの過程はとてもじゃないけど長すぎて説明できないので、最終形の一つ手前の状態をアップしてみます。

全体図。
P1181278.jpg
P1181277.jpg

☆やりたかったこと
・高架線を内側に曲げ、紙トラス橋でまたぐ。
・地上線とモジュール本線を並べ、複線を形成。カントカーブも使いたい。
・高架線は20m級6両編成1本と4両編成が2本は置けるように。
・地上線は3両が置ける待避線を2本と、大外をまわる線が1本。
・高架線の最小半径はC177。地上線の最小半径はC140。
P1181282.jpg
P1181283.jpg
P1181284.jpg
P1181286.jpg
変化をつけるべく、内側線を少しだけかさ上げしてみました。
P1181288.jpg

・・・なんとなく伝わったでしょうか。

旧型国電を置いて試運転してみました。やっぱし車両があったほうが、やろうとしてたイメージが伝わるかな。
P1181291.jpg
P1181294.jpg
P1181295.jpg
P1181296.jpg
P1181299.jpg
P1181303.jpg
P1181301.jpg
P1181308.jpg
P1181304.jpg
P1201313.jpg
うむ。いい感じだ♪ これにて完成!!・・・とはいかなかったのでした。以下次号。


おまけ:こういう機会に最近導入したやつも走らせておきます。
近江デキ改。スローも効いて良い走りです。
P1181306.jpg
マイクロの足回りを移植した鉄コレクハ76新潟。ライトもばっちり。
P1181307.jpg










新作その13 紙トラス橋を作る パート4 [モジュール(中カオス)]

塗装に入ります。こないだ作った103系の残りがあったのでエメグリで。
トミックスのガーダー橋より少し明るい色です。
PC060970.jpg
裏側も吹きます。構造上、吹き残る場所があってそこだけグレーが少し残るのが逆にリアルっぽくていい感じ。
鉄骨が組み合わさる部分なんかはさびのウエザリングしてもいいかな。
PC060972.jpg
レールを乗せます。手持ちのトミックス複線トラス橋の残骸・・・トラス部分除いた下半分からレールだけはがして再利用。ゴム系接着剤でポン付け。
PC060977.jpg
おお、早く走らせたい♪
PC060979.jpg
一応長さは280mmとなってますが、橋桁との位置関係などでちょいと長さが足りない感じ。
片側は端数レール18.5の道床部分を切ったものを使って長さ調整。もう片側は流用したトラス橋の部品を付けてみました。
PC060986.jpg
PC060985.jpg

車両を置くとわくわくしますw
PC060987.jpg
PC071003.jpg
遠景。
PC060988.jpg
ちょいと試運転。無事に走って一安心。


いろいろと撮ってみました。

新しめの車両でもいい感じ。
PC060992.jpg
サイドから。
PC060991.jpg
上から下から。金網の通路が生きたかな。
PC070996.jpg
PC071009.jpg

これ、紙製なんでとにかく軽く、押入上段に収納する私にとっては助かります。レイアウトのよいアクセントになってくれそうです。ちなみに、高さは収納時にギリギリw
PC071014.jpg
これより高い建造物は造れませんといういいランドマークにもなりそうです・・・。

新作その12 紙トラス橋を作る パート3 [モジュール(中カオス)]

紙トラス橋もうちょい続きます。
正面?出入り口?のパーツを作ります。これだけだと何だかよくわかりません。
PC060947.jpg
前面の下の小さい四角パーツもつけて、橋梁部分の組み立てはほぼできあがり。
PC060953.jpg
となると車両を置きたくなるってもんですよ。
トミックスの直線レールを仮置きして、こないだ作った京阪改を置いてみました。ええなあ。
PC060954.jpg
PC060955.jpg

さて、もうひと頑張り。橋梁横の歩道・・・というか保線員が歩く場所を作ります。
小さな台形パーツをはり付けます。ふむふむ。雰囲気出てきました。
PC060957.jpg
PC060958.jpg
その上には、板状のパーツも一応キットにあるんですが、ここには細密な金網を使ってみることに。
いつだか(5月のトレフェスだったかな)でサンポールのメンバーから頂いたもの。
何種類かいただいたんですが、ステンレス製を使ってみる。
PC060959.jpg
こんな感じになります。板状よりは実感的になったかな。塗装するとまたさらに見栄えがよくなるはず。
PC060960.jpg
PC060962.jpg
手すりはトミックスのワイドレール用のものを活用。適度な長さに切ってつなげてゴム系接着剤でポン。
PC060963.jpg
PC060964.jpg
これで、工作はほぼ終了なので、塗装に入ります。
PC060966.jpg
・・・の前に
車両を置いてちょっとニヤニヤしてみる。
PC060968.jpg

さて塗装!・・・まずサフを吹かなくちゃ。
サフのライトグレーだけでもけっこう落ち着いた感じになりますが、ちゃんと色を付けますよー。
PC060966.jpg

以下次号。

新作その11  紙トラス橋を作る パート2 [モジュール(中カオス)]

トラス橋ペーパーキットの続き。

側板?を作ります。ここは目立つ部分なので、中を切り抜いたあとでランナー部分の「バリ」を棒ヤスリで削って目立たなくしておきました。
PC050935.jpg
裏側に例のごとく細い板パーツで補強を入れますが、数ミリ単位で違う長さのやつを貼り付けるのがややこしい。
PC050936.jpg
ややこしい。
PC050937.jpg
ともあれなんとか間違わずに接着完了。
PC050938.jpg
作っておいた底板ベースに貼り付け。・・・トラス橋っぽくなってきました!
PC050939.jpg
PC050941.jpg
PC050942.jpg
梁を取り付けて・・・
PC050943.jpg
角には前回ちまちま切り分けておいた三角パーツを貼り付け。ここで使うのか!
PC050944.jpg

補強の棒パーツをつけて天板?作ります。うまくはまるのかなあ・・・
PC060945.jpg
PC060946.jpg
ドキドキしつつ接着。
PC060948.jpg
なんとかできました。・・・おお!トラス橋のように見える!!
PC060949.jpg
PC060950.jpg

ここまでくるとだいぶん楽しくなってきました。以下次号。


新作その10 紙トラス橋を作るパート1 [モジュール(中カオス)]

こないだ100円で買ったCASCOのトラス橋ペーパーキットにチャレンジ!

ペーパーキットくらい簡単にできるだろうとお思いかとは思いますが、
不器用なうえにおおざっぱときてるのでめちゃくちゃ不安w

用意しながら中学時代のことを思い出す・・・

技術の木工の授業で道具箱を作ったときのこと、
案の定クギを曲がって打ち込むわけですが、普通なら曲がったクギは釘抜きで抜き、
また新たに打ち直します。が、私は「なかったこと」にすべくひたすらトンカチでクギを打ちこみ
「埋め込む」作業に没頭して、都合4~5本内側にクギがこんにちわしてるブツを作り上げ、
初老の技術教師を絶句させたっけ。

・・・今のレイアウトづくりの原点やね、これ。三つ子の魂百まで。

さて、気を取り直してやりますか。
説明書通り、木工用ボンド、カッターナイフ、ピンセット、マットを用意。金属定規は持ってないので普通のものさしでいいや。
PC050914.jpg
まずは底板から。ランナー?はこんなかんじで、一つ一つカッターで切り抜いていきます。面倒くさいけど頑張ります。
PC050915.jpg
PC050916.jpg
でっかい底板はまあいいんだけど、いわゆる補強の柱部分の細い板も全部切り抜くのは大変・・・
もう心が折れそうになる。優しいペーパーキット(ちゃんと切り込みが入ってて、ちょっと切るだけできれいに切り離せます)ですら悪戦苦闘なのに激団サンポールの芋氏のようにCADで建物の細かーい図面作ってプラ板切り抜いて・・・なんてとてもじゃないが無理だwすごいや。

ともあれ、X状に細い補強板パーツを木工用ボンドでどんどん接着。
PC050919.jpg
PC050920.jpg
PC050921.jpg

もう一枚作ります。こいつもいっぱい切り抜きが必要です。
PC050923.jpg
おまけに枠の中の小さな三角のパーツもあとで使うようで、ここはさすがに頭を使って塗料皿に小分けしときました。
PC050925.jpg
ここにも補強板を張り付けて
PC050926.jpg
さっき作った底板にドッキング!はまるんかいな・・・
PC050928.jpg
仮にはめてみたら案の定何本かの補強板が、キレイにはまらずにぐにゃりとイッたので付け直したうえで接着へ。木工用もりもり。
PC050930.jpg

なんとかできました・・・
PC050933.jpg

前途多難ですが、どうにか完成させてやりますぜ。
ちなみにこのキット、完成までだいたい2時間程度らしいですが、ここまでで2時間近く経過。
いやいや、2時間じゃ絶対無理っすw  俺が不器用なだけなんかなあ・・・

以下次号。

新作その9 かさあげなど [モジュール(中カオス)]

ちょちょいと改良をもう少し。

外側線の橋部分を煉瓦橋脚の大ひとつぶんかさ上げしてみました。
PB050862.jpg
PB050837.jpg
ガーダー橋なんかはこれくらい高さがあった方がそれっぽいかなと。

これで、橋の側から見ると地上のモジュール本線(80系)とちょっと高いところの山にへばりつくように走る内側線(名鉄)と一番高いところを走る外側線(101系)がうまいこと全部眺められるようになりました。
PB050859.jpg

おまけ。
反対側だと留置車両が全部見られます。画像では外側線のいちばん外に列車は置いてませんけども。
ただ、情景作るときには高架下は築堤風にする予定なので、完成したら見えなくなるはず。
PB050856.jpg

内側線R140部分。ここと、もう1カ所だけはどうしてもR140でないと収まりませんでした。
情景を作るときにはうまく隠したいなあ。
PB050847.jpg

さらにおまけ。
先日中古屋をのぞいてゲットしたもの。

KATOの普通のクハ103オレンジ。エメグリに塗りますよー。
PB050834.jpg

そして、なんと言ってもコレ。ジャンクで袋に入って1000円でぶら下がってました。
ひさしぶりにわくわくするカオ電素材が手に入ったって感じですw
PB050831.jpg

新作その8 走行動画など [モジュール(中カオス)]

ちょちょいと改良。

外側線3線部分のホーム設置はあきらめてみた。これで接触しなくておk。
PB020809.jpg
内側線3線部分。どうにかこうにか20m級3両ぎりぎりまで入るようにしてみました。
車両によってはアウトかもw
この画像だとぶつかりそうですが大丈夫でした。名鉄が止まってる側は2両までにしといたほうが
よさそう。
PB050853.jpg

この段階での走行動画です。内側に流電4両編成が走ってますが、20m車でもとにかくR140が
クリアできれば大丈夫なことを確認。ついでにこないだ作った水色の103系を外側に走らせてみました。


こちらは上の動画と逆回り。内側はトミックス動力のリトルジャパン製クモハ42とGMキットのクハユニ56です。外はやはりこないだ作ったオレンジの101系ウソ冷改車。


走ってるところを見ると、情景工作へのモチベも上がるってなもんですが、
今回はレール配置を慎重に決めたいと思います。もうちょいかな。

新作その7 電車を置いてみる [モジュール(中カオス)]

バージョンアップ続き。
外側線の待避線側にトミックスの3線プレートを使ってみました。さすが純正品、かなり安定します。
PB020785.jpg
内側線はこんな感じに。PL280分岐をまっすぐいくと外側線のさらに外へ、内側へ行くとそこで2線に分岐します。
PB020789.jpg
2両は楽に置けます。
PB020799.jpg
逆サイドはこんな感じ。
PB020790.jpg

反対側。直線のガーダー橋を103系と緩やかなカーブを登る名鉄AL車
PB020796.jpg
PB020806.jpg
こっち側は、スタイロが積んであるところは内側線に沿って細長い山にする予定。
橋を渡る外側線を一番高く、モジュール本線を地表に、少し高く山にへばりつくように内側線という
情景に。
PB020804.jpg


外側線待避線にホームを置くと車両間隔が狭すぎる・・・ここには置くのやめとこう。
PB020797.jpg


待避線側全景
PB020802.jpg
角度を変えると内側線にもう1編成見えますw
名鉄7300が止まってますが4両は楽勝です。
PB020810.jpg

ふむ。だいぶん構想が固まってきました。


前の10件 | - モジュール(中カオス) ブログトップ