So-net無料ブログ作成

大糸線旧型国電その2   [カオス検車区]

本題の前に・・・。
今週末の静岡トレインフェスタに、激団サンポールの一員として出展します。
2月のGフェスから何も進展していないので控えめに告知。
よかったら遊びにきてくださいませ。

さて、大糸線の水色の電車の続き。前回の最後の写真では足回りとインレタが出来てますが、
プロセスを書き忘れたんでもう一度貼っておく。
DSC_2764.jpg
インレタは、前にホビダスの大糸線キットをいただいたことがあり(1両も大糸線の車にせず組み立てました・・・)付属の特製インレタをここで生かしました。何両かはそのものずばりの番号があり、長キマの所属表記もついてるのもうれしい。
DSC_2765.jpg
リトル車の足回りは、クモハ60114にトミックスDT13動力を装着。車端部はかなり削りましたが、リトル車のガラスの爪はトミックス動力対応なのでばっちりはまります。クハ55041にはTN対応のGMキット用床板を使い、両先頭車にはボデマンTNをおごってみました。
DSC_2746.jpg
このキット、クハボディが偶数向き、クモハボディが奇数向きだったんで、クハには穴を開けてKATO飯田線のジャンパを取り付け、クモハのは削りました。一体キットとはいえ最初から両方付けるかどっちもなしかにしといて欲しかったなあ・・・。
DSC_2745.jpg
DSC_2766.jpg
DSC_2767.jpg

さてさて、GW最終日東京へ所用のついでに、中古屋にて追加2両ゲット。
DSC_2873.jpg

・マイクロの大糸セットからクモハ60022。
・GMクモユニ81003(M)もちろん水色。
ちなみに、映りこんでるスカ色はKATOの47153と鉄コレ54006です。
大糸線の偶数向きクモハを1両追加しようと考えて中古屋を覗いていて、本当は合いの子43810か両運40077が希望だったんだけど、810の材料になる流電キットもKATO53008ボディもないので見送り。40077はリトルの半流キットがあれば・・・と思ったけどなかったのでこれもダメ。
で、ジャンクボックスで見つけたノーシルヘッダの60022に。ライト付きの誘惑もあって(^_^;)
でもそのままマイクロ車を先頭に持っていくのもなんだか負けた気がするんで、こいつの下回りをリトルのクモハ60114への移設できないかともくろみました。
とりあえずマイクロ車分解。ピンセット一つでなんとかいけました。
DSC_2875.jpg
リトルのクモハも分解。
DSC_2876.jpg

さてどうなる・・・。
以下またこんど。




大糸線旧国に手を出す その1 [カオス検車区]

しばらくぶりの更新です。
ずっと旧型国電いじっててネタはいっぱいあったんですが、どうしてもスマホで撮ってすぐ投稿できるfacebookが楽で・・・
さておき、黄緑色のゲタ電の次は水色の大糸線の車に手を出しました。

材料は、中古屋で見つけたリトルジャパンの半流41型キット2両、身延線編成に入れてたマイクロのサハ45、鉄コレ福塩線クモハ51、そのものズバリの鉄コレ大糸線からクハ68017。
DSC_2624.jpg
DSC_2693.jpg
旧型国電サイトを眺めながら、実車と、製品と、手持ちパーツと自分のスキルのせめぎ合いで車番を決めていく過程が楽しいわけですが、結局暫定的にこうなりました。

←クモハ60114(LJ)+サハ45005(マイクロ)+←クモハ51014(鉄コレ福塩線)+クハ55041→(LJ)またはクハ68017→(鉄コレ)

68017をサハの代わりに組み込んで2+2にもできます。大糸線は6連も普通にあったようなので、もう1両くらい偶数向きクモハを入れてもいいかな。クモユニ青坊主も欲しい。

さて工作。リトルジャパンは一体ボディなんで、実車に即してクモハの助士側の窓柱を削ったくらい。
あとの車は塗り替えです。写真を見るとなんとなくくすんだ水色なので、GMの6番に少し白を混ぜてエアブラシで吹きました。マイクロ車と鉄コレの窓枠塗り替えは面倒でしたがなんとか筆で。
途中でエアブラシのガスが切れ、やむを得ずエアブラシ用に作った薄目の水色をクモハには筆で塗ってみましたが意外といけました。
DSC_2695.jpg
DSC_2696.jpg
DSC_2698.jpg
↑どっちだか忘れたけど片方が筆塗りです。
DSC_2699.jpg

実車画像をもう一度見直すと、クモハ60114の貫通ドアの下にはサボ受けがなく鉄板のような物でツライチになってるので簡単にプラ板で表現。クハ55041にはサボ受けを付けました。
DSC_2740.jpg
クモハ51014にはGMストアで分売してたKATOの飯田線用の幌をグレーに塗って装着。51014の運転台側は今回の先頭車では唯一サハ45に貫通できるので、サハの隣は必ずこの車になります。実車写真をみると半流51よりは43800や43810あたりがサハの隣になることが多かったようですが。
DSC_2742.jpg
ともあれ塗装までできた状態。
DSC_2743.jpg
DSC_2744.jpg
DSC_2764.jpg

以下またこんど。