So-net無料ブログ作成
検索選択

エメグリモハユニット追加 [カオス検車区]

秋口に作った103系エメグリ2M3T5連ですが、モハユニットを1組追加して計7両に。

で、種車。
P2221476.jpg
カオ電編成のKATOモハ102と、中古で800円くらいで買ってストックしてあったモハ103。
前にエメグリ編成作ったときの缶スプレーは紙トラス橋を塗るのに使い切ってしまい、
正月に中古で200円くらいで昔のGMスプレーが売ってたので、それを使った・・・んですが
・・・やっぱし古いスプレー缶なんか使うもんじゃないですね。ダマダマで悲惨なことに。
もうこうなったら仕方ないので筆で伸ばし伸ばしして、ぼこぼこの外板の車にしてやります。
ついでに白を少し混ぜてやや色あせた感じにしつつ、なんとかこの状態までもっていきました。
P2221477.jpg

Hゴムはライトグレーで色さしして古め感を出します。
P2221478.jpg

屋根も車体もきっつく汚して、編成中のアクセントにしておこう。ってことでこんな感じに。
接写だとかなり汚いですが、編成にまぜちゃえばそんなに悪目立ちはしないもんです。
P2251482.jpg
P2251483.jpg

1両ずつご紹介。
モハ103-594
P2251484.jpg
モハ102-750
P2251485.jpg
いちおう、晩年に松戸区にいて、白ゴムだった車番にしてみました。
シートはえんじ色のカットシールを貼り、白色室内灯を取り付けてあります。

そもそも、なんで2両追加したかっていうと、エメグリに7両編成はないけど、南武線編成から黄色のモハユニットとサハを借りて、津田沼区貸出車をまぜた?っぽく10両編成が組めるようにしてやろうという目論見です。自宅じゃ10両なんか走らせないけども、運転会では映えるもんね。

ちなみに、うちのエメグリの行先は「成田」。5両でも10両でもいける便利な行先です。




もうちょっと飯田線 [カオス検車区]

旧型国電シリーズ。続きです。
鉄コレクモハ54+クハユニ56のほかに、こんなものも中古でゲットしました。
P2201446.jpg
鉄コレクハ47108、飯田快速色。狭窓流電編成の中間に挟まってたやつです。
やっと手に入った正調43系クハ。KATOの53000と組ませるべく、奇数向きでなおかつ製品と同じ幌付きだったクハ47102号にしてスカ色に塗り替えます。KATOで同じ番号のすばらしい製品が出るけど気にしない。
奇数向きだったのはこの102号のほかに104号がいたけど、104号はトイレ窓の埋め方が変則なのと正面幌枠なしなので候補から外す。そう考えるとKATOもよくわかってらっしゃるわけで。

窓枠塗るの面倒だけど頑張ります。狭窓はこれが大変。
P2211466.jpg
クリーム吹いて・・・
P2211465.jpg
青も塗っていっちょあがり。ま、こいつは塗り替えだけとインレタ張り替えくらいなので。
P2211468.jpg

ってわけで手持ち飯田線43系チームが揃いました。
鉄コレ、KATO、GMキット、リトルジャパンの4種、どれがどれだかわかりますか?
P2211475.jpg

正解は左からリトルジャパンのクモハ42、GMキットクハ47100(結局幌付けました)、鉄コレクハ47100、
KATOクモハ53000です。

ほかにもこまごまと。
身延線鉄コレクモハ51に動力を譲ってT化した鉄コレ流電クモハ52005に代わり、反対側の
GMクモハ52004にGM動力を装着。で、その床板をクモニ83100にまわす。
P2201449.jpg
P2201448.jpg
背中合わせで比較。やっぱしGMちとでかい。
P2201447.jpg

流電の床板を履いたクモニ83100。片側は連結を想定しないので、ダミカプ代わりにボデマンTNをおごってみる。床板を現物あわせで削ったり薄くしたり。
P2201453.jpg
こんな感じに。
P2201454.jpg
鉄コレのクハユニを分解し、荷物ドア脇部分を塗る。分解するとなかなか面白い作り。
P2211464.jpg

入れ替わりで廃車したGMキットのクハユニから箱サボを流用して仕上げました。
クモハ54ともども、あとは屋根を塗ったくらいでほぼ製品のままです。

ってわけで、チーム飯田線12両で完了かな。
自分のためにできそうな編成例をメモしておく。

編成1:荷電連結編成
GM板クモニ83100+←鉄コレクハユニ56003+LJクモハ42009(M)+鉄コレクモハ54006→

編成2:オール狭窓2+2
LJクモハ42011+GM板クハ47114(身延のクハ47055借りて42と位置を入れ替えもいいかな)→←クハ47102+KATOクモハ53000(M)→

編成3:流電編成
鉄コレクモハ52005+GM板サハ75103+GM板サハ48024+GM板クモハ52004(M)
サハの代わりに板のクハ47でもいいな。クモハ42を入れて片流電編成もオツ。

ま、もちろん適宜好きに入れ替えながら遊べばいいんですけどね。

新作その15  レール並べの旅路「現況」 [モジュール(中カオス)]

旧型国電づくりが楽しくてしばらくいじってませんが・・・とりあえず現況をアップ。

全体図
P1251334.jpg

前回から大きく変えたのは2点。
☆ベースの50mm延長
☆高架線最小半径をトミックスC177からKATOのR216へ
☆内側線の複雑化

大カオスに替わる自宅運転用メインレイアウトになると考えたとき、せめてR216に収めたいなという欲求が強くなりました。で、引き込み線のクリアランスを十分取ろうとするとベースの幅がどうしても足りないので、高架引き込み線側にスチロール板を50mmぶん継ぎ足しました。
曲線部分はこんな感じ。カーブポイントとユニトラの接続が若干不安でしたが、試運転では大丈夫でした。
紙トラス橋のあたりはトミックスレールなので、都合4カ所KATOと富の接続箇所があります。
P1231318.jpg
P1231319.jpg
高架留置線。一番外は20m6両ギリギリ。内側2本は4両ギリギリです。
21m級だとアウトっぽい。
P1251335.jpg

内側線も大幅にいじりました。

紙トラス橋の下に片渡り線を設けて・・・
P1241325.jpg
こうつながります。・・・わかりませんね。
P1251331.jpg

80系電車にたどってもらいます。
地表内側線から地表外側線(モジュール本線)に転線して・・・
P1251341.jpg
ちょうど隠れてますが、片渡りのすぐ後のポイントで外側線から分岐。
P1251342.jpg
さらにその後のカーブポイントを内側に分岐。ちなみにこれを外側にいくとモジュールをタテにつなげる場合の連絡線(モジュール外へ)に出ます。
P1251344.jpg
カーブを曲がりきると高架下外側留置線へ。5両~6両くらいは置けます。
もちろんこのルートはモジュール運転会開催時には使えません。あくまで自宅用ですね。
ついでに、前回までは地表内側線の最小半径はC140でしたが、C177に組み替えてあります。

内側線駅部分。1本増設してみました。80系がいた大外も含めたら4列車同時に入れ替えなしで楽しめます。
手が届かないであろう地表内側線の2組の引き込み線については電動ポイントを導入。
P1251336.jpg

てな感じです。運転楽しそうでしょ♪

さて、こうなってくるといったいどんな情景を作ればいいのかよくわからなくなってきたので熟考中。
まずレールありきでいつもレイアウト作ってますから・・・
あ、メインの建物は病院ってのは決まってます。

以下また気が向いたら。こりゃ時間かかりそうだ・・・

クモニクモハユニ その2 [カオス検車区]

板キット旧型国電製作続き。
P2071385.jpg

まずクモニ83100から。

大糸線キット付属のピタ窓に初トライ!ぴったりすぎてうまくはまらん・・・接写だと接着痕が目立つなあ・・・。
P2081392.jpg

モールドされた運行表示窓が、80系300番台の丸っこいタイプで、あまりにも違うから削っておきました。
で、お手軽に四角い運行表示窓を作ってみました。

これは裏側から見たところですが、GMの旧国用ステッカーから適当に運行番号のシールを切り出し、
エッチングパーツの切れ端に貼り、裏に細くフォトペーパーの切れ端を貼ったものを付けてみました。
ま、雰囲気が出ればってことで・・・ついでに金属パーツのデフロスタも付けてみました。
P2091397.jpg
P2091399.jpg

これであとはインレタ貼ってウエザリングすればだいたいオッケー。足回りはGM動力を入れました。
P2091403.jpg

さてクモハユニ。
銀河パーツのヘッドライトと、タバサの運行表示板にGMステッカーから番号を拾ったものとデフロスタを付けました。
P2091405.jpg
屋根に合わすべくきつめに汚してみました。
P2101409.jpg
インレタつけてできあがり。この時点では手持ちのトミックス動力をはめこんでみましたが、
どうもうまく水平にとりつけられないので最終的にはT車にしました。
P2101410.jpg

って7わけで両車完成♪
P2101416.jpg
手持ちとの編成例を考えてにやにやしてみる。
P2101412.jpg
P2101411.jpg

クモハユニの方はこんな感じに。

クモハユニ44803←(GM)+クハ47114→(GM)+クモハ51818←(鉄コレM)+クハ47055→(鉄コレ)
P2101422.jpg
P2101423.jpg
P2101413.jpg
クハ47114は飯田線だけどまあ47100は身延にもいたし、中間なのでよしとする。
たまに流電編成の中間に入れて遊ぶことも考えて車番はそのままにしとく。

クモニの方は・・・
クモニ83102(GM)M車+クハユニ56003+クモハ42011(LJ)
P2111425.jpg
P2101415.jpg

・・・のつもりだったんだけど、結局T車にして適当な飯田線編成にぶら下げることに。

昨日東京で用事があったついでに、鉄コレ飯田線クハユニ56+クモハ54セットを中古で買い、
やっと板キットのクハユニと差し替えることができることに。
P2151443.jpg
そうなると、ただでさえデカイGM車が鉄コレと編成を組むと違和感バリバリ。
おまけにこのクモニ、なぜかどう頑張っても動力がぴたりとはまらずに腰高になり、T車床板入れると
なんぼかマシになることも判明したので。

GM車はGM車でいい味は出るんだけど、なるべく混ぜないほうがいいもんね。


クモニ83100・クモハユニ44キット製作 その1 [カオス検車区]

作る楽しみいっぱい♪ ってことで板キット続き。
正直下手くそですが、作る楽しみを味わうのがメインってことで・・・。

まずクモニ。
ホビダス大糸線セットにはタバサのヘッドライトレンズが付属してるので、ライト部に穴をあけます。
試しにはめ込んでみたんですが、パーツそのままだと奥までちゃんと入らないので、スライスして先の方だけ
使うことに。
P2051368.jpg
三角窓の金属パーツも付属。これはなかなか実感的。
P2061371.jpg
ジェイズのクリームを吹いて
P2061376.jpg
いざマスキング! 何度やっても金太郎塗りは難しい・・・。マスキングテープを細かく切って貼ってして
どうにか片方やりきる。
P2071379.jpg
あまりに面倒なのでもう片方はマスキングゾルを頼る。
P2071380.jpg
青を吹いてタッチアップまで終わった状態。
P2071382.jpg
結論から言うと、やはりマスキングゾルは当てにならんなあ・・・ゾルをはがすときに結局クリーム色部分を削ってしまい、筆で上塗りしたので二度手間に。めんどくさくともテープをちゃんとはるべしやね。
あと、ライト周りの青の回り込みってなかなかイメージピッタリには行きませんね。
細心の注意を払いつつフリーハンドでやったんですが、まあこれが私の腕では限界。
そりゃ完成品買いたくなるわなー。

さてクモハユニ。
在庫してた側板、正面と、大糸セットのクモハ43800用の屋根板を組み合わせたので、
おのずと44803号になります。800~802号は前パンタのままで、屋根全体を低くしてありますが、
803号は大糸線から後年身延に入った関係で、パンタを後に移設し、後ろのみ低屋根にした車。
正面妻板と屋根カーブがどうも合わないので、瞬着盛って削って合わせました。
あと、モリタの箱サボを付けてあります。
P2061373.jpg
P2061375.jpg

そうすると屋根だけ別で塗ってあとで接着、といかないので、屋根はあとで筆塗りすることに。
ボディ全体マスキングって面倒だし。
青を吹いたあとで、屋根をねずみ色1号をぺたぺたしたして塗った図。
P2071383.jpg

そのままも考えたけど、やっぱし使い込んだ感じが好きなので、
ジェイズのスエード調黒にガイアノーツの赤さび色を適当に混ぜたものをねずみ色の上からぺたぺた。
どんなもんでしょう。
P2071384.jpg

以下また今度。





クハ47ほかつづき [カオス検車区]

前回の続き。

鉄コレクハ47055の相方、クモハ51818も小加工。
正面の塗り分けが貫通扉まで青が回っている塗り分けだったんですが、どうにも違和感がぬぐえないので
貫通扉をクリーム色に塗装しました。うん、やっぱしこの顔ですね。
P2011358.jpg
そのままだと白すぎる鉄コレのクリームの差があるので、上からジェイズのクリームを塗り、青すぎる鉄コレの青の上から車番と表記類を避けて筆でジェイズの青を塗りました。結局塗り替えちゃったことにw
ついでにエナメルブラウンと黒をうすめてウエザリングもややきつめに。
P2011359.jpg
P2011360.jpg
GMキットのクハ47114にも。
P2011363.jpg
これにて3両完成。
P2011362.jpg

使い道を考えてみる。51818は低屋根以外は飯田線にいた51とそう変わらないから飯田線組と混用を考えてたんだけど、やっぱし低屋根のインパクトは大きいので身延線編成も作りたくなってきた。
となると、51818+47055はそのまま身延編成の2両でいいや。
で、47114は手持ちの42やら56やら流電編成の真ん中にでも入れておくことにしよう。

旧国づいてるのでその勢いで大糸セットのクモユニ81からクモニ83100を作っちゃおうと思い、
在庫ボックスを開けたら・・・なんとまあそこにクモハユニ44の側板を発見!

ってことで、クモハユニ44803(後パンタ用の屋根しか残ってないので000~002は作れないから自動的に決定)+47114(身延にいたやつに番号替えよかな・・・)+鉄コレ51818+47055の身延線4連製作決定。

クモニは・・・手持ちの不細工なクハユニとリトル42のお供にするかな。
P2051367.jpg

もうちょっと旧型国電作りしまーす。

おまけ:正月買った鉄コレ201系試作A編成。3両だけN化しました。
引退した京葉線からもらってきたことにするにはいろいろ改造がいりそうですが、
ここはまあ細かいことは言わずに2丁パンタのまま入線しておきました。
201系の3連も新鮮です。
P2021365.jpg
P2021366.jpg

クハ47 2題 [カオス検車区]

先日、中古で鉄コレ身延線クモハ51818+クハ47055のセットを購入。
正月GMストアの初売りでゲットしたKATOのクモハ53がすばらしい出来だったんで、
連結相手が欲しくなったんです。
P1261346.jpg
手持ちのスカ色戦前型は、リトルジャパンのクモハ42(MとT)、GM板キットのクハユニ56、
広窓流電編成(鉄コレ52+GMサハ48+GMサハ75+GM52)っていう布陣。
片運のクモハ53と組めそうなのがGMのクハユニだけという状態なので、クハ47目当てで買った次第。
クハ47055は身延線ですが、32系由来のクハは飯田線にもいました。が、どうも3枚窓が全部Hゴムというのはいなかったっぽいですが、まあよし。

KATO53000と組ませてみる。レールに47055と書いてますが、左が53です。
P1301347.jpg
うむ。大きさはいい感じ。ただ、色味がだいぶん違います。スカ色の解釈は各社いろいろですね。
P1301348.jpg
この47は屋根をちゃんと塗ればそのままいけそうです。

さて、もう1両クハ47を増やしてみる。ずいぶん前にいとこから、ホビダス限定の大糸線旧国セットなんてものをもらってまして、(野々村氏監修で動力やら金属パーツやらインレタやらてんこ盛りで、作り方解説CDまでついてる!)そこからクモハ43のハコとクハ55の屋根を組み合わせてクハ47100を作ってみる。
大糸線セットだと低屋根のクモハ43804を作るんだけど、大糸線を作る気は今のところないし、
狭窓2ドアクモハはもうおなかいっぱいなんで、作るとしたらクハ47100以外にないだろうってことで、今回作っちゃいます。

実車画像を見ると、トイレ横の窓が狭くなってるのでパテでそれらしくやってみる。
P1301349.jpg
幌付きだったクハ47102をモデルにします。金具がモールドされてる、鉄コレのやつを一つこちらに流用。
モリタの金属パーツのハコサボもつけときます。
P1301350.jpg
P1311351.jpg
クリーム色が乾く時間を使って3両ぶんの屋根を塗ります。いつものスエード調グレー+ウッドブラウン
P1311352.jpg

鉄コレのクリーム色が白すぎるのがやはり気になるので、ジェイズの月光用クリーム色を上から塗ってみました。写真じゃあんましわかんないかも・・・
P1311354.jpg

で、板キットの47102ですが、実車画像を検索してたら、KATOの次の飯田線シリーズの試作品画像が
ひっかかり、それがなんとクモハ51200+クハ47102!・・・これでかなりやる気をなくすw
KATOのすんばらしい完成品が来るのわかってて同じ車番で板キット作る元気はないっすよ・・・。
しょうがないので、幌をとっぱらって47114号にすることに。

勇気を出して晒しますw
P1311355.jpg
KATOの完成品のできばえがよくわかる画像
P1311356.jpg

ま、できばえの差もさることながら、やっぱしGMはデカイ。
P1311357.jpg
KATOの53と2連組むとクオリティの差で泣きそうになるなあ。流電編成の真ん中にでもぶちこむか・・・。

以下次号