So-net無料ブログ作成

ワールド工芸凸デキ+α [カオ電貨物(KRF)]

Gフェスに東京のいとこが来てくれました。で、こんなものをいただきました。
ワールド工芸製ABSプラキット川崎20t凸デキ。
DSC_2445.jpg
安い物じゃないのに・・・感謝をこめて早速制作開始。
このキット、同じランナーが2つとカプラーの金属パーツと組み立て済み動力で構成されてます。
正面パーツやボンネットはランナー2つ分必要ですが、側板などはもう1両分余るので、ボンネットなど自作する気になれば2台作れます。
DSC_2446.jpg
DSC_2449.jpg
ABS用セメントを使って接着。ここまでは簡単。
2年前に東芝45t凸作ったときと同じ手順ですし。
DSC_2452.jpg
サイズを比べてみる。東芝45tと鉄コレED14改。ED14が大きく見えますw
DSC_2454.jpg

塗装開始。プライマーは使わなかったんですが特に問題ない感じ。
カラーはカオ電デキ標準のオレンジ一色。
ついでに、長いこと放置してたKATOのチビ凸も塗り替えちゃいました。
DSC_2460.jpg

チビ凸を先に仕上げ。アクセントに台枠などに黄色、屋根・足回りをグレーで筆塗り。
こうしてみるとチビ凸はけっこう近代的なスタイル。
DSC_2461.jpg

ワールド25tはこんな感じ。
DSC_2462.jpg

足回り。組み立て済み動力に台車枠レリーフをグレーに塗ってポン付け。
DSC_2463.jpg

車体と組み合わせて試運転しましたが、東芝と同じくかっとびますwしかもポイントでよく止まります。やっぱし軽いからかなー・・・

あとはカプラーとパンタだけの状態で、凸デキ三兄弟を並べてみました。
DSC_2466.jpg
格好いいけど、これまたどいつもこいつも安定して走らないのが困りもの。
安心の鉄コレ動力を積んだED14とプッシュプルで走らせるかな・・・

金属パーツのカプラー受けをなんとか組み立て、これにてできあがり。
車体表記は今度よさげなのを探してみます。
DSC_2531.jpg

引き込み線の片隅に置いても絵になりそうなたたずまいの一台です。
いとこに感謝!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0