So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

旧型国電小加工いくつか [カオス検車区]

作業はだいぶん前なんですがあげてなかったやつを。
・鉄コレ大糸線セット クハ68017→クハ55112
大糸線の68017はすでにいるので、茶色にして大阪にいたクハ55112に化けさせてみました。
手持ちの72系茶色編成に組み込んで京阪神緩行線にします。
単純に塗り替えだけですが、この窓枠を全部筆塗りで茶色にするのに骨が折れましたw
DSC_3556.jpg
で、こんな感じに。
DSC_3557.jpg
編成にしてみました。京阪神緩行の72系は7連で、いろいろ調べてみると4+3に分割できる編成が多いようなんですが、貫通編成もあったり、今回の55112のようにクロハ改のクハ55も多いしクモハ51系やらモハ70やらが入っていろいろカオス。もちろん72系もロクサン改から全金まで各種取りそろえてるようで。
手持ちの72系茶は関東車ですが、その中にこれやら、鉄コレ山陽をニコイチにした「なんちゃってモハ72024(全金試作車)なんぞをまぜて雰囲気出してみました。
DSC_3576.jpg

・鉄コレ大糸線 クモハ43800→43804
鉄コレのプロトタイプ、43800はちょっと早めに姿を消してるので、小改造で最後まで板43804にしてみました。製品のままがこれ↓
DSC_3542.jpg
いじったのは前面のみ。804の運転席窓は上辺の柱が太いいわゆる「下がり窓」でワイパーも上から出てます。運転席窓だけ切り取り、逆さまにして上辺を太く塗り直してみました。
それになぜか貫通扉が内装の淡緑色になってるのでこれも再現。
DSC_3545.jpg
実車はサハ45に顔をくっつけててあんまりお顔を見せてくれなかったらしいです・・・。

・鉄コレ仙石線クモハ54109→大糸線
DSC_3581.jpg
これは単純に水色への塗り替えです。
自宅でエアブラシが使える幸せ。田舎ならではw
DSC_3583.jpg
DSC_3584.jpg

DSC_3585.jpg
毎度窓枠を筆で塗るのが面倒ですが、数をこなしたせいで慣れてきました。
これはまあまあキレイに仕上がりました。

もうちょっとありますがまた今度。
nice!(1)  コメント(0) 

地元東海バス バスコレ購入! [カオバス]

今日は地元を走る東海バスのバスコレの発売日。
乗って残そうじゃないけど、たまには地元に貢献せねばってことで近所の松崎バスターミナルにて購入。
今回のバスコレは、ここ数年で爆発的に増えたエルガミオワンステ1547号車と、いまや東海バスの屋台骨を支えているらしい三島新宿ライナーのエアロエース1530号車。
DSC_3685.jpg
1547は旧ガミオ最終投入グループSKG-LR290で最後のMT車。我らが西伊豆東海バスの車で、仕事の行き帰りで毎日のように見かける車です。おまけに東海バスは担当者制らしく、仲良くさせていただいてる運転手さんの担当車です(^_^;)
せっかく買ったしターミナルに1547が来て写真でも撮れないかなーと思ってたら、なんとたまたま仁科車庫方面から回送でやってきました!そして運転席にはあの運転手さんの姿が。バスコレを見せたら、ターミナルで発車待ちの間にプチ撮影会と相成りました。
DSC_3686.jpg
DSC_3687.jpg
車内には運転手さん特製のポスターもw 会社のカレンダーの写真も手がけるほどのお方なので、海岸線を誇らしげに走る1547の美しい写真に「ただいま乗車中の車がモデルです!」の文言が。
DSC_3689.jpg
プチ撮影会のあと、1547号と運転士さんは雨の中修善寺までの2時間の行程へ出発。お気を付けてー。楽しい時間をありがとうございました。
DSC_3690.jpg

さてモデル。良くできてます。このバスコレ、おまけに入っているLEDの正面、側面表示やナンバーがバスコレの塗り替えに有効活用できそうなのもうれしい。
モデルの行き先は「W30系統 土肥・堂ヶ島 松崎」の表示。
修善寺からの西海岸線松崎行きですね。この写真の行き先の折り返しで、西伊豆東海バスの基幹路線です。全行程2時間弱、乗り通すと2000円ちょい。観光路線でもあり、鉄道のない西伊豆の重要な通学通院など生活の足でもあり、松崎発はなんと5時から、修善寺発は21時まであります。松崎~宇久須・土肥の区間便もけっこうあったりします。この路線、峠あり集落を縫う狭隘部あり海岸線ありの楽しい路線なので、皆様ぜひ東海バスをご利用のうえ西伊豆へお越しください。ちなみに車種はエルガミオあり移籍してきた大型車ありトップドア観光タイプありとバラエティ豊富です。
DSC_3688.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

相鉄5000改と叡電デナ改 [カオ電]

カオ電もう2題。夏に大量にIPA漬けして色を落としたものをちまちま作ってます。

・相鉄5000改。数年前に動力付きで中古購入したもの。
色を落とすと一瞬こんな車両いたっけ?ってなります。
DSC_3485.jpg
旧型車カラーに塗りました。特徴的なスカートですが、悩んだ結果外すことに。相鉄で割と早く廃車になってもったいないので車体だけもらってきて手持ちの部品で・・・って考えたので、スカートはきっと外しているだろうということで。
台車は日車D型にTR11。スカートはなくとも十分軽快な印象。軽快な車体にボロい台車っていうのが好きなんです。
DSC_3492.jpg
DSC_3493.jpg

・叡電デナ21ポール仕様を増結クハに。
もったいないお化け案件な気もしますが、もう一両はそのまま持っておくので片方は手を加えることにしました。片方のエンドの前照灯、テールなどを削り運転台撤去っぽい感じにしたあとで旧型カラーに塗装。
DSC_3598.jpg
DSC_3599.jpg
連結面はさらに、干渉するシルヘッダを少し削って幌を取り付け。
DSC_3615.jpg
屋根はポールを撤去、取り付け穴は埋め、ポール引っかけ金具はアクセントで残してみました。
台車は種車の日車D型はゴツすぎるので弓形イコライザ台車に交換。
DSC_3614.jpg
DSC_3613.jpg
こんな感じで14~15m級のモハにつないでミニレイアウト用の増結クハとして使います。
DSC_3616.jpg
さっそく置いてみましたがいい感じ・・・かな。
DSC_3632.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

アンレール仙台空港線改 [カオ電]

久々のカオ電工作。
夏に手持ちの塗り替え候補車両を一気にIPAどぼんしたんですが、
その中からいつだかのJAMで1000円くらいで入手したアンレール製仙台空港線の2両セットを
種車にして作ってみました。
DSC_3466.jpg
あれこれ考えたあげく、ニコイチにして末端区間や増結用の今風?な単行車にしてやれってことで
切り接ぎ。切り継いだら19m車になりました。
DSC_3479.jpg
DSC_3482.jpg
さて塗装。まずオレンジを吹いて・・・
DSC_3489.jpg
ドア部分を残してあとはエナメルのフラットアルミを筆塗り。
よく伸びるしはみ出しても容易に直せるので気持ちよく塗れます。
DSC_3490.jpg
窓ガラス装着。なんか九州にいそうな雰囲気。
DSC_3495.jpg

屋根の工作。20m→19mにしたので端を合わせて切り、交流の機器は全て削って、パンタ周りのコルゲートを削り、アンテナがない方に手持ちからそれっぽいのを増設してみました。
製品の青っぽいグレーは好きではないので明るいグレーに塗り直してます。
DSC_3496.jpg
パンタは手持ちからKATOのメトロ車のシンパをチョイス。こんな感じに。
DSC_3498.jpg
足回りはとりあえず19mのものを探し、名鉄パノラマカー旧製品のものを付けてみたら無加工でピッタリ!ボディに対してちょっと空気バネ台車が古風な感じもあるけど、そこは足回りは地方私鉄ってことで流用したことにしよう。
DSC_3499.jpg
DSC_3503.jpg
仕上げに、カプラー周りがなんとなく貧相なのでKATOの205系用スカートを取り付け、パンタなし側に貫通幌をつけ、手持ちのワンマンやらLED方向幕のステッカーやら切り接ぎ痕隠しをかねて、小田急ステッカーに入っていたよくわからない「元気号」のロゴを貼り付けて一応完成!
DSC_3531.jpg
DSC_3532.jpg
DSC_3533.jpg
まあなんとなく今風?なアルミ製両運車ができました。
ワンマン単行で末端区間がメインで出入庫がてら増結運用にもつく・・・って感じかな
と思って鉄コレつないでみたら・・・
DSC_3535.jpg

デカイ・・・orz 低床っぽい車両に古い動力履かせたせいかな・・・
単行専用だなこれ(^_^;)




nice!(0)  コメント(0) 

ゲタ電2題 [カオス検車区]

ゲタ電73系軽工作を2題をば。

①所用で出かけた横浜、東京にてゲットしたものから。
トミックス富山港線クハ79920と、仙石線アコモ車4連。
DSC_3168.jpg
DSC_3334.jpg
富山港線を作る気はないので、茶色に塗って手持ちの関東茶色軍団の一員に・・・と
思って調べたら、この製品、窓にRがない全金車初期の920~923のタイプ。
実際富山港線には920、922といたので水色でいいんだけど、茶色にしようとすると、923は片町、921は仙石で事故廃車、かろうじて920が富山の前に千葉にいたので、920に。
アコモ車は正直モハ1両だけ欲しかったんだけど、4両で1600円とお安く買えたのでまあよし。
モハ1両を茶色に塗って鶴見の72970に。
72970の実車写真を見ると、後に本格的に改造された971~と比べるとドア横のルーバーが一つ少ないのと、半自動ドアの取っ手がないので削ります。どうやら屋根も違うらしいんですがそこは妥協。
DSC_3335.jpg
こんな感じになりました。
DSC_3336.jpg
DSC_3339.jpg
DSC_3337.jpg
手持ちの全金クモハと合わせて3連で鶴見線風全金編成に。970は鶴見線専用ですが、あとの2両は他線用としても使いたいのでサボ受けはつけず、あくまで鶴見線風味にしておきます(^_^;)

②夏に帰省してゲットした御殿場線セットバラから。
名古屋の某店のお盆のセールにて、トミックス御殿場線セットのクハ以外をお安く手に入れました。
クモハ73全金偶数車2000円、サハ78450を1000円、モハ72Mが3000円。
こうなったらなんとかクハを工面して御殿場線4連を作らねばということで・・・
DSC_3411.jpg
DSC_3412.jpg

実家から帰還後、他に買った物やら在庫やらをまとめてIPAにどぼん!の中に、春にオレンジ→茶色にしたクハ79300も入れました。上の全金車の工作をする前だったら、79920を水色からスカ色にしちゃえばそれでオッケーだったんですが(窓のRに目をつぶって79937か939)そううまくはいかないもんです。
DSC_3468.jpg
奇数車の79309にするので、KATOのジャンパ線を取り付けました。
これ、片町セットとして購入→奇数向けに穴開け→穴埋めして茶色に→色落としてからスカ色に、再びジャンパ穴開けと2度の塗り替えと方転という国鉄時代みたいなことしてます。
クハの単品なかなか売ってないししょうがない・・・。
DSC_3470.jpg
ともあれ、スカ色に塗ってクハ79309のできあがり。
DSC_3471.jpg
DSC_3476.jpg

ばら売り車にはさすがに付属品はついてないので、インレタを拾い拾いして車番をつけました。
クモハは、偶数向き配管なし方向幕なしほくろ付きというシンプルのっぺりで、024がヒット。
モハはドアの形から72145が一番近そう。サハはドアの開く方向から300番台改の2両から456、クハは300番台で屋根上にライトのある該当2両から309にしました。
DSC_3474.jpg
73024+78456+72145+79301です。
御殿場線にするつもりでストックしてたタバサやらGMやらが余ったので、
また使い道考えます(^_^;)




nice!(0)  コメント(0) 

GMキットで身延線 クモハ60808ほか [カオス検車区]

板キット身延線4連の続き。
すでにあるのはクモハユニ44803、前回あげたのがクハ55319。
で、今回はクモハを。手持ちと技術から勘案して、クモハ41側板+半流正面+低屋根パンタ妻面に平妻低屋根+半流普通屋根板を切りついだものを組み合わせて、半流ロングシートのクモハ60800にします。
DSC_3306.jpg
DSC_3308.jpg
身延線実車写真を見て、ほぼ原型の正面と一直線の塗り分けを持つ60808をチョイス。
金属パーツの箱サボをつけ、切りついだ屋根は先に接着。
DSC_3307.jpg
DSC_3309.jpg
あとは塗装ってことでこんな感じに。
DSC_3319.jpg
左からクモハユニ44803 クハ47100(飯田線クハ47104にしてたのを貫通扉上の塗り分けを直線にして車番変えただけ)クモハ60808(M) クハ55319

完成品も鉄コレもいいけど、出来はともかく板キットは楽しいもんです(^_^;)

nice!(0)  コメント(0) 

GMキットで身延線 クハ55319 [カオス検車区]

KATO飯田線軍団のお供に化けた鉄コレ身延線車両。残されたGMクモハユニ44が気の毒なので後3両補充してやります。
車体の大きさを合わせるべく、GMキットで作ります。クモハ1両とクハ2両。
クモハユニ入り編成はどうやら2+2が基本のようなので。

さて、車種選択。第1弾はクモハユニの反対側のクハを決めます。鉄コレではクハ47なのでそれ以外がいいなあとあれこれ画像を調べた結果、身延線・・・というより旧型国電の中で一番ぶさいくと言ってもいいかもしれない、クハ55319を作ることに。
サハ57に運転台を取り付けたのが55300番台ですが、こいつは貫通扉を含め中間車時代の顔そのままで、それに前面窓Hゴム化を施したうえ幌枠がないというなんとも独特の顔つきをした車で強烈なインパクトがあります。身延線の画像を検索するとわりとよくこいつが先頭に立ってるので、クモハユニの反対側はこいつに決定。
さすがに不細工なせいか、調べてもあんまり作例がない車なんで、雰囲気が出せればいいやと気楽にやります。
DSC_3150.jpg

クハ55キットを用意し、実車と同じく連結面を正面に持ってきます。
DSC_3162.jpg

まず、幌枠を削り
DSC_3164.jpg

正面窓はパテで埋めて
DSC_3166.jpg

Hゴムの正面窓(しかも運転席側は小さい。同じく身延線にいた301は両方同サイズ)をフリーハンドで書いて・・・
DSC_3171.jpg

窓を開けました。フリーハンドの限界(^_^;)
DSC_3180.jpg

金属キットから剥がした箱サボと、クロポ東武78付属の歩み板と、KATOのジャンパを取り付け。
テールランプは、持ってるはずの金属パーツがなかったので、苦肉の策でトミックスの信号炎管で代用してみました。案外いけます。
DSC_3282.jpg

箱に組む。側板はキットのまま。妻板は正面に使っちゃったので17m級キットから持ってきました。
DSC_3284.jpg
DSC_3283.jpg

クリーム色を吹く。ここで改めて実車と比較。うーむ・・・雰囲気は出せたかなあ。
DSC_3288.jpg

屋根をいつもどおりスエード調に、ヘッドライトはタバサのを使い、青も塗りました。
あとは下回りと窓セル、インレタで完成です。お顔は頑張ったんですが、接写だとちとキツイ出来。
まあ雰囲気はそれっぽいので・・・。
DSC_3296.jpg

インレタと窓セルはまとめてやるので、次はクモハに取りかかります。
以下またこんど。

nice!(0)  コメント(0) 

GM+マイクロ クモニ83010 [カオス検車区]

この時期は暑いうえに忙しく工作意欲もいまいち(-_-)
そんな中、ちょいと作ってみました。

鉄コレメインの70系新潟やKATO80系編成のお供にクモニ83が欲しいなと思ってるんですが、
KATOでクモユニ74やらクモニ83800は出てますが、一番使い道の多い普通のクモニ83がいつまで経っても出そうにないので、昔ながらのGM板キットから作ることに。
で、いつだか中古でお安く買ったマイクロのクモユニ82がいるものの使い道がなく、こいつの足回りを利用して点灯できるようにしてみる。
DSC_3098.jpg

箱に組んでマイクロの足回りを仮に取り付けてみる。やはりGMのがデカイ。
両側点灯を組み込むのは難しそうなんで、新潟70系のお供がメインになることを想定し、
先頭になるパンタ側だけヘッド・テールライト部分に穴を開けておく。
ついでに、マイクロのクモユニの前面ガラスや屋根上の配管など使えそうなものは流用。
プロトタイプは長岡にいた1パンタの83010。赤と黄色の70系にくっついてました。
DSC_3099.jpg
DSC_3100.jpg
DSC_3102.jpg
DSC_3103.jpg
DSC_3104.jpg
塗装。手持ちの黄かん色スプレーが気泡だらけorz
またもや試し塗りをせずに塗って自爆・・・学習しない自分を嫌悪しつつ、怒りの筆塗り。まあなんとか。
DSC_3110.jpg
KATOのクモユニ74と並べる。角の丸みの違いがよくわかります。
DSC_3111.jpg
DSC_3112.jpg
で、ライトですが試行錯誤しつつなんとか点灯できるように組み込めました。
ライトユニットと屋根の間につめものしたり、車体がうまく固定できないので両面テープをきつめに貼ったりとハンドメイド感溢れてますが、どうにか形にはなりました。
DSC_3113.jpg
DSC_3124.jpg
点灯するパンタ側はダミーカプラー、反対側はKATOカプ密連を装備。
こんな感じで使いたいと思います。
DSC_3123.jpg




鉄コレ有効活用@飯田線 その2 [カオス検車区]

「KATO車を両端に、鉄コレを中間に入れて4連を作ろう」の続き。

・鉄コレクモハ54006ボディ+GMクハ68屋根→クハ68408
部品とり(屋根めあて)で買ったクモハ54をせっかくなので戦列に加えてみる。
54006はノーリベット車なので、68400代の中で68原型車なおかつノーリベットの408号車に化けさせることに。屋根はGM板キットのものを利用。長さがちょっと長かったので妻面側を現物合わせで削り、正面のRも微妙に違うのでパテで修正。
あとは側面のトイレ窓部分を埋め、正面助士側は写真をみながらプラ板でそれっぽく一枚窓にしてみました。
DSC_3042.jpg
DSC_3048.jpg
DSC_3052.jpg
DSC_3053.jpg
DSC_3056.jpg
もう一両。
・クハ47102(鉄コレ飯田快速色クハ47108塗り替え)→クハ47104
47102は80系入線時に廃車になってるので、唯一生き残った47104にしてみました。
最初はこの状態。ぶれぶれですみません。
DSC_3055.jpg
47104は幌枠なし、裾リベットなし、側面トイレ窓が埋まっているという特徴があるのでなんとかやってみました。
幌枠を削り・・・
DSC_3058.jpg
窓を埋めて裾のリベットを削り
DSC_3059.jpg
こんな感じに。ま、中間に入るし・・・
DSC_3060.jpg

てな感じで鉄コレに手を加えて、手持ちと組み合わせてこんな編成ができました。
飯田線ではだいたい相方は固定されてたようですが、さすがにそこまでこだわるのは厳しい(^_^;)
※KATO車は(K)
①クモハユニ64000M(K)+クハ68412(K)→←クモハ51029(鉄コレ身延改)+クハ68414(K)
DSC_3065.jpg
DSC_3062.jpg
②クハユニ56011(K)+クモハ54006(鉄コレ飯田)→←クハ47069(鉄コレ身延改)+クモハ50002(50008に見立てて)M(K)
なお、手持ちのクモニ83100(GM)をくっつける時はクハユニを鉄コレの56003に交換。
DSC_3066.jpg
DSC_3064.jpg
③クモハ54133(K)(T車化)+クハ68408(鉄コレ飯田改)→←クハ47104(鉄コレ飯田快速改)+クモハ53000M(K)
DSC_3067.jpg
DSC_3063.jpg

って感じで4連が3本できました(^o^)
残りの手持ち車は一次置き換え以前の流電やらサハやら42あたりなんで、それはそれで組みます。

さて、相方を持って行かれた身延クモハユニ44のためにあと3両、何を作るか考えるかな・・・。

鉄コレ旧国有効活用@飯田線 その1 [カオス検車区]

70系の次は戦前型にまた戻って、飯田線をかじる。
某リサイクル屋にて、KATOのクモハユニ64000+クハ68412を5400円でゲット。
DSC_2960.jpg
こいつは屋根だけいつもどおり塗って入線。
DSC_3015.jpg
それと通販でパーツ購入ついでにクモハ50002のボディと、クモハ54の床下セットやら台車やらを購入。クモユニ74の動力をクモハ50に回してM車化。(のちにクモハ54133の動力に履き替え)。クモハ54133はT車化。
DSC_2952.jpg
などなど、KATOの飯田線シリーズも増えてくると、これまで持っていた鉄コレやらキットの立場が怪しくなってきた。KATOのはすんばらしい出来のうえにライトもばっちりだし。
でも有効活用したい・・・と、考えた結果。

「鉄コレを中間封じ込めにして、ライトのつくKATO車を両端にした2+2編成を組めるようにしてやれ!」ということに。もともと飯田線セットのクハユニ56003、クモハ54006のほかに、
GMのクモハユニ44(M車)と大きさの合わない身延線4連を組んでいた鉄コレクハ47102(飯田線快速色塗り替え。102は飯田線の車だけど身延にも同型がいるのでこっちの編成に入れてた。)、本来の身延セットクモハ51818、クハ47055に、ジャンクで買ったクモハ54006が種車。これらを私の拙い工作レベルでやれる範囲でちょいと手を加えて、飯田線の車にしてみました。今回のプロトタイプは飯田線第一次置き換え(80系導入後も生き残ったもの)のものに統一。宮下大先生の本と、工作レベルと相談しながらプロト決定しました。連結相手を失った身延クモハユニ44編成にはそのうちGMキットを3両組み立ててまた編成にしてやるとしますか・・・。

<1両目>
身延クハ47055を47069に。47069はサヨナラ運転にも使われたはず。
正面窓が055は「窓柱とリベットが残った3枚Hゴム窓」ですが、069は「運転士側がHゴムなしの丸窓、正面と助士側は原型」なので、Hゴムの塗装を落とし、正面と助士側の窓枠のRを削って四角くし、正面下辺は少しプラ板で厚くしてみました。
DSC_3016.jpg
側面はドア窓3カ所のRを落とし、中桟を細切りプラ板で作って旧式のドアに。
DSC_3017.jpg
正面のプラ板目立つな・・・ま、封じ込めだからいっか。


<2両目>
身延クモハ51818ボディ+飯田クモハ54006正面窓、屋根→クモハ51029
51029は唯一最後まで残った原型クモハ51。
需給から奇数向きクモハが作りたかったこと、手持ち材料で簡単な工作でできそうなのを吟味したらこうなりました。
パンタ周り配管に目をつぶれば、低屋根ボディに普通屋根はとくに違和感なくはまります。
あとは助士側窓を51818の「日」から54006の「ロ」に入れ替え、ジャンパを付け、何カ所かのドア窓を47と同じ要領で交換してできあがり。
DSC_3020.jpg
DSC_3019.jpg
DSC_3018.jpg
パンタは後日PS11に付け替えました。

この2両のドア窓の中桟ですが、やはりあんまりな出来だったので、
こないだの70系工作で発生した原型ドア窓パーツを使うことにしました。
断然マシですね(^_^;)
DSC_3041.jpg

以下またこんど。






前の10件 | -